読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

手放す勇気

20代前半はいつか絶対に仕事を辞めてやるって思っていました。

現実というよりも理想でした。

30代目前の今、どうするのよ私!と問いかけることが多くなりました。

今のままでいいのか自分!

どれだけ時間を費やしてきたんだ!(会社にもFXにも)

手放す勇気なんてあるのか!?

まだ考え方が幼いのではないか?

もっと鍛えたほうがいいのか?

そんな中、退職に向けてラストスパートをかけている人がいます。

○○たん、退職するってよ?

彼は43才になるそうです。

日本人は働きすぎだと思います。

鉄道会社の人は電車が数分遅れただけで謝らなければならない。

裏ではどれだけ働いているか・・・

平日はへとへとになって帰ってきて、家事やら家族サービスとかで完全に休めるわけではない。

常に締め切り、調整等に追われている。

平日の昼間に太陽を浴びてみたい。

平日に寝坊してみたい。

平日に温泉に行きたい。

平日にランチに行きたい。

日曜日の夜に明日の不安を感じたくない。

私の中に出てくるキーワードは「平日」

平日って街中も人があんまりいなくて素敵なんです。

この「平日」を手に入れるためには、やっぱり今の会社は辞めないといけないんだなと思います。

決断と解放。